カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
ブランド・作家別
ブランド・作家 ご紹介
益子焼 × 象嵌 の魅力



象嵌(ぞうがん)とは、工芸技法のひとつ。

象は「かたどる」、嵌は「はめる」と言う意味がある。

象嵌本来の意味は、

一つの素材に異質の素材を嵌め込むと言う意味で、

金工象嵌、木工象嵌、陶象嵌等がある。


--Wikipediaより



西丸太郎さんの象嵌は陶象嵌。

いったん成型した器に彫刻を施し、

そこに色の異なる土を象嵌する方法になります。



散りばめられた星たち。

一つ一つが丁寧にはめ込まれた「象嵌」になります。